トップ > 社会貢献 > 名刺詳細

日本初のユヌス・ソーシャル・ビジネス・カンパニーとして再犯問題に挑戦し、安全安心な社会に寄与します。

再犯問題に対して民間の力や創意工夫がより注がれることで、解決に向かっていきます。HHは再び社会に船出するための補給港、尊厳や自信、夢を取戻す場所として、再犯の大きな要因である「宿泊・教育・就労」の3つの要素に基づく支援を総合的に出所者に提供します。支援対象者の自立更生の過程は彼ら自身の喜びはもちろん、それを見た多くの人々に再挑戦する勇気を与え、十把一絡げの服役経験者の見方をも変えます。さらに再犯による被害者の発生を未然に防ぎ、1人年間248万円という受刑者への行政支出を減らすことにも繋がります。

活動報告

活動報告がありません。

夢の詳細

HHは再犯防止のため、出所者が直面する不安や困難に基づいた現実的な解決策を用意しています。現状ではバラバラに提供され十分機能していない宿泊、教育、就労の3つの要素を組み合わせた総合的な支援、相談窓口を提供します。この経営理念に賛同した方々から、出資額までの配当しか受け取らないことに合意した上で4,880万円の出資を受けています。
全体の中核となる資源リサイクル業では服役経験者を一定期間社員として受け入れ就労支援を実施中です。彼らは社員寮に住み、社内教育を受けながら、各自の望む自立に向けた準備ができます。
既に福岡県内の145社がHHへスクラップの有償提供や産業廃棄物の中間処理委託をしています。さらに同業他社からも支援が寄せられ、地元大手企業の支援も進んでいます。
今後は上記以外にも、宿泊場所と教育を組み合わせた事業などを検討中で、より多くの服役経験者を支援することを目指しています。

年間目標

  1. 2012年
    資源リサイクル業の持続可能性をさらに高めるために、事業系スクラップの有償提供合意企業を現在の145社から300社にする。
  2. 2013年
    収益部門である資源リサイクル業の確立。教育支援と宿泊支援を組み合わせた自立準備ホーム運営の法人登録を法務省へ行う。
  3. 2014年
    パートナーである日本財団の協力を得て、日本初となる教育支援と宿泊支援を組み合わせた自立準備ホームのモデルを確立する。
  4. 2015年
    福岡県域を対象として専門家によるホットラインを提供、HHの支援対象となれなかった出所者のフォローを行い、再犯を防止する。
  5. 2016年
    蓄積したノウハウの他県への展開。累犯者の一定割合を占める知的障碍者に対する就労・教育・宿泊の三位一体支援を提供する。
  6. 2017年
    宿泊支援累積3年の実績を基に、更生保護法人の資格を取得。100人程度の支援対象者が宿泊できる更生保護施設の運営をする。

月間目標

  1. 1月
  2. 2月
  3. 3月
  4. 4月
  5. 5月
  6. 6月
  7. 7月
  8. 8月
  9. 9月
  10. 10月
  11. 11月
  12. 12月

日本初のユヌス・ソーシャル・ビジネス・カンパニーとして再犯問題に挑戦し、安全安心な社会に寄与します。

安全安心な社会の縁の下の力持ち

副島 勲

Tw Mi Fb

現在の応援者

478

夢の達成率

70%

プロフィール

氏名
副島 勲
所属
株式会社ヒューマンハーバー(略称HH)
活動拠点
福岡県
URL
http://www.humanharbor.net/
Face
book
hh.net

“再犯のない社会へ!”をテーマに、2012年12月3日に日本初のユヌス・ソーシャル・ビジネス・カンパニー、株式会社ヒューマンハーバー(HH)を設立しました。平成8年より現在まで17年間、保護司として多くの出所者の保護観察を担当し、彼らの帰住先・就職先を確保する困難さ、企業側の直接雇用の難しさを目の当たりにした経験をフル活用してまいります。

最近のコメント